SEOに不向きなフラッシュ

ホームページの中でもフラッシュを使用したものはたくさんあります。全面に使用している場合もあれば、部分的に使用している場合もあります。

フラッシュは動きを付けるのが得意です。効果的に使用する事で、デザイン性を高める事ができる場合もあります。

しかし、残念ながらSEOの事を考えるとフラッシュは不向きである様ですね。その理由は、フラッシュとして埋め込まれた部分は文字情報まで読み込んでくれるという事はありません。

ですので、検索エンジンとしては、フラッシュの部分がどの様な内容なのか全く把握する事ができないという事になります。

SEOでは検索エンジンにどの様なホームページなのかを分かりやすくしておくという事が求められるようですね。